介護の始め方

居宅サービスとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

施設で生活するとお金がかかりますし、自分の家で生活したいという高齢者の人が利用するのが「居宅サービス」となっています。在宅では難しい入浴や自宅で暮らせるようにリハビリテーションなどサービスを提供しています。ここではどんなサービス内容があるのかご紹介したいと思います。

居宅サービスとは

居宅とはどういう意味なのか簡単に説明します。居宅とは「住んでいる家」という意味があり、一般的に自宅をイメージすると思います。しかし、居宅にもそれ以外の意味があり自宅に限らず、精神や身体に障害がある人や環境や経済的に生活が困難な65歳以上の高齢者が対象の養護老人ホーム、身寄りがない人や経済的に一人で生活するのが困難な60歳以上の高齢者が対象の軽費老人ホーム、入浴・排せつ・食事の介助など日常生活のサポートが受けられる有料老人ホーム も居宅に含まれます。

居宅サービスとは要介護認定された人が居宅またはデイケアなどの施設で受けることのできるサービスです。サービスの種類は主に12種類あり、看護師、理学療法士、介護福祉士など様々な専門職の方が訪問しサービスを提供しています。

居宅サービスの種類

訪問介護(ホームヘルプサービス)

訪問介護はホームヘルプサービスと呼ばれていて、一般的に皆さんがイメージしているような訪問型の介護サービスです。利用者の居宅で入浴、排せつ、食事等の介護などの身体介護、調理、洗濯、掃除等の家事などの生活援助など日常生活のサポートをしてくれます。

ただし生活援助に関しては条件があり「単身か家族等と同居していても家族が障害や疾病などの理由で家事を行うことができない場合」のみということになるので、利用する際は身体介護が中心となる場合が多いです。

また、通院で病院などに行くときにタクシーの乗り降りや受診など手続きの介助してもらう通院介助も受けられます。(この通院介助は要支援の方は使えないので注意が必要です。)

訪問入浴介護

訪問入浴介護は通所介護、訪問看護等の居宅サービスでは入浴が困難な人を主な対象にしているサービスで、居宅を車で訪問、組み立て式の浴槽などを使って入浴の介助を受けることができます。

訪問看護

訪問看護は病状が安定している利用者に対して、居宅の訪問し看護師、保健師、准看護師、理学療法士、作業療法士及び言語聴覚士が世話をしたり診療を行います。

主に、内服薬の管理、点滴、注射、呼吸器の管理など医療処置や食事、排せつ、清拭など療養生活上のサポートを受けることができます。

訪問リハビリテーション

訪問リハビリステーションは理学療法士や作業療法士などが訪問し居宅でリハビリテーションを受けるサービスです。主な目的としては日常生活を送るうえで必要な筋力の維持、向上としています。たとえば、筋力が衰えて家の中を歩くのが難しくなってきた方や家事、着脱など身の回りの動作の練習など行います。

他にもその人にとって必要な福祉用具や家の住宅改修などの検討も同行してもらえる場合があります。

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導とは医師。薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士などの専門職の人が利用者の居宅を訪問しサービスを提供します。

介護保険法施行規則第9条の2に詳しく記載されているのですが、簡単にまとめると居宅サービスを利用する上での指導、助言や薬の管理、口腔・栄養面の指導、療養上の相談などが行われています。

通所介護(デイサービス)

通所介護とは通称デイサービスと呼ばれていて、利用者が老人デイサービスセンターなどに通いサービスを受けるような体制になっています。

サービスの内容は居宅からの送迎で施設に行き、入浴、排せつ、食事などの介護の生活に関する相談や簡単な体調確認をしています。また、日常生活に必要な機能訓練などもあり利用者にあったサービスが提供されています。

自宅に引きこもってしまうと認知症が進行してしまう可能性があるのでいろいろな人と交流することで進行を遅らせることができるかもしれません。それに同じ利用者と関わることで生きがい見つけることができたらいいですね。

通所リハビリテーション(デイケア)

通所リハビリテーションとは一般的にデイケアと呼ばれています。訪問リハビリテーションの施設に通うバージョンというイメージで大丈夫です。ここでいう施設は介護老人保健施設、病院、診療所などを指します。

主に日常生活の自立をできるようにするために理学療法や作業療法などを行います。医学的に管理してやるので身体に無理のないように筋力を維持・増強などすることができます。

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護とは一般的にショートステイと呼ばれています。名前をみるとなんとなくイメージできると思いますが一時的に入所して介護を受けられます。期間は数日〜30日間となっています。介護者が体調を崩してしまったり、仕事で面倒が見れない場合などそういうことがあった場合に利用することができます。

入浴、排泄、食事など日常生活のサポートや機能訓練がメインになっているのでここでは医療的なサポートはあまり充実していません。

短期入所療養介護(ショートステイ)

短期入所療養介護は先ほどの短期入所生活介護の医療的なサポートがついているというイメージです。こちらもショートステイと呼ばれています。医療的なサポートがあると安心すると思いますがその分料金が高くなるので医療的なサポートが必要ではない場合は短期入所生活介護で十分ではないかと思います。期間は数日〜30日間となっています。

特定施設入居者生活介護(サービス付き高齢者向け住宅)

まず、特定施設とは、有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホームを指します。地域密着型特定施設(定員が29名以下の特定施設)はこの場合のぞくので注意が必要です。
因みに特定施設入居者生活介護はサービス付き高齢者向け住宅と呼ばれており「サ高」と略すこともあります。

主なサービスとして特定施設に入居している人に対して入浴、排泄、食事など日常生活の世話や療養上のサポートがあります。

福祉用具貸与

福祉用具貸与とは福祉用具のレンタルのことをいいます。福祉用具専門相談員のアドバイスによって利用者が日常生活を自立して過ごせるようにしたり、機能訓練を目的として選びます。
どのようなものでもレンタルが可能というわけではなくレンタルできる福祉用具は決められていています。要介護度によってレンタルできるもの異なり、福祉用具貸与のサービスでレンタル可能な福祉用具は次の通りです。

要支援1・2、要介護1の人

手すり、スロープ、歩行器、歩行補助つえ
(※手すりとスロープに関しては工事を伴わないもので簡易なもの)

要介護2・3の人

車椅子、特殊寝具、体位変換器、認知症老人徘徊感知器、床ずれ防止用具、移動用リフト(つり具は購入)
※つり具は肌に直接触れてしまうため衛生面を考慮して購入という形になっています

要介護4・5の人

自動排泄処理装置

特定福祉用具販売

まず、特定福祉用具とは入浴または排泄などのときに使う福祉用具です。他の人とは衛生上、共有することができないものは購入するというような形になります。こちらも福祉用具専門相談員と相談しながら購入します。因みに上限は10万円となっています。

次に紹介するものが特定福祉用具に該当します。

さいごに

介護サービスのうち、居宅サービスについて理解いただけましたでしょうか。介護サービスをどうすれば受けられるのか、介護をどのように始めれば良いかわからない方はまず、次の記事を参考にしてください。
要支援・要介護認定の申請方法と、審査後の介護の始め方

参考文献

  • 「高齢者に対する支援と介護保険制度」(社会福祉士養成講座編集委員会/中央法規)
  • 「高齢者への支援と介護保険制度」(大和田猛/みらい)
  • 厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-7e13.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る